体外授精 確率

体外授精の確率について記しています

HOME

体外受精は不妊治療の最終手段正常な夫


体外受精は不妊治療の最終手段

正常な夫婦生活が2年間持続しているのにもかかわらず、妊娠しない場合は不妊症と診断されます。


この間積極的な子作りをしていることが必要ですが、自然な夫婦生活においては、この2年間が一番多いとされていますが、もちろん夫婦の意識としては、この2年間の縛りはありません。


2年間妊娠しなければ、不妊治療をしなければならないというのではなく、なぜ妊娠しないかを調べることが主な目的になります。


いきなりの体外受精ということはあまりなく、最終手段に近い治療になります。


それよりも、卵子や卵管の異常、精子の状態が悪いといったことで、細かな症状があります。


その種類はいろいろです。


そして、その相性も問題になることもあり、病気も異常もないのになかなか妊娠しない方もいます。


あらゆる手段の不妊治療を続けて結果が出ない場合、いよいよ体外受精の治療に入ります。


これが良いのは、夫婦生活をしなくても受精ができる点と体外で目で確認をして受精させることができます。


受精そのものが困難な夫婦にとっては、お互いの卵子と精子を外で受精させることですから、生まれてくる子供は正真正銘自分たちの血を引くこともメリットとしては大きいでしょう。


ですから、卵子の状態、精子の状態もベストのものを選択することができ、あとは着床をするのを待つことになります。


具体的な方法としては、ホルモン剤や排卵誘発剤などで排卵を促進させます。


卵胞の大きさを見ながら調整していきます。


ある程度質の良い卵子を集めることが必要です。


採卵し、受精を培養液中で行い、1〜2日培養器内で行い、分割を始めたものを選別します。


その受精卵を子宮内へ移植します。


日本産婦人科学会での推奨としては、子宮に戻すのは2〜3個程度です。


最近では質の高い受精卵が複数できた場合、凍結保存することも可能です。


都合の良い時に子宮に戻して妊娠を待つこともでき、女性の体に配慮した妊娠を選ぶことができます。


体外受精の料金は30〜50万円程度です。


不妊症かどうかは検査をしてみないとわかりません。


不妊治療の必要性も診察の時に言われることですが、最初は夫婦生活の中での妊娠を待つことになります。


2年間で不妊と言われることですが、積極的な夫婦生活出なかなか子供ができないのが半年以上たった場合は、一応検査を受けることをオススメします。


そこで分かれば良いのですが、問題なしであれば、その後の対処もできます。


最終手段としての体外受精で、受精卵を作ることができる、そのことは妊娠に対して大きなステップになっています。




体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、体外授精の確率、

文字サイズ:

メニュー


メニュー


Copyright (c) 2015 体外授精(体外受精)の確率015 All rights reserved.